看護師

ほくろ除去の治療をしてコンプレックスを解消しよう

  1. ホーム
  2. 切開法と切除法

切開法と切除法

女性

ほくろを治療するにあたって、切開と切除の方法があります。まずはこの2つの違いなどを把握して、自分に適しているものを調べましょう。まず、ほくろの切開ですが、ほくろの組織ごと綺麗に除去を行ないたい場合は、この切開での除去が適しています。切開はその名の通り、ほくろを切り開いて切除を行なう方法で、術後は切開された皮膚を縫い合わせる必要があるので、定期的に傷のケアのために通院します。ですが、組織ごと取り除くので、再発のリスクはありません。1回の治療で取り除くことも可能です。切開と聞くと痛いイメージがありますが、実際は美容外科クリニックでは痛みを感じないように局所麻酔をしてから治療を行なうので、安心してください。術後は縫い合わせた状態になるので、傷に菌が入らないように注意をする必要があります。完治までの期間は、大体3か月ほどかかるでしょう。切開で施術を行なうと、どうしても傷が出来てしまうのですが、1カ月ほど経過すると目立なくなります。傷が目立たなくなると、メイクでカバーすることが出来ますよ。切開法が向いているほくろの状態は、大きいサイズが良いです。逆に1ミリ程度の小さなほくろは除去が困難になっています。盛り上がっているほくろや面積が広い場合は、切開法で除去してみてはいかがでしょうか。

次に切除でほくろを除去する方法になります。盛り上がりが目立つほくろは、そのままメスで切り取ってしまう切除法が最適でしょう。切除後も皮膚が再生出来るように、人口の皮膚でカバーするので、綺麗に回復することが出来ますよ。ほくろの切除は、切開と比較しても術後の傷が広くなってしまいがちです。しかし、クリニックから受けた指導をもとに正しいケアとダウンタイムを過ごすことで、傷跡も残さずに綺麗に治すことが可能となっています。色素沈着もないので、周りにバレにくく、違和感なく過ごせるでしょう。なお、痕が完璧に目立たなくなるまでには半年ほど時間を要しますが、綺麗に治るので心配はいりません。ほくろを治療するにあたって、切開と切除の2つの方法を確認しましたが、どちらも言えることは1回の治療でほくろを除去することが出来ます。時間がない人には、最適な治療法とも言えますね。完治までに期間が空きますが、それまでちゃんとケアを行なって、ほくろ知らずの綺麗なお肌をゲットしましょう。