ほくろ除去で自信に満ちた私

ほくろ除去の治療をしてコンプレックスを解消しよう

ほくろ除去の治療について

カウンセリング

体にあるほくろがコンプレックスだという人は非常に多いのではないでしょうか。ほくろは場所によってはまったく目立たないですし、小さければそれほど気にならないでしょう。しかし、顔の不自然な場所にできている場合は非常に気になると思います。ほくろが常に気になってしまうようであれば、いっそのこと美容整形外科でほくろ除去の治療を受けてみてはいかがでしょうか。あなたの長年のコンプレックスを解消することができるかもしれません。ここでは、ほくろ除去の基本的な治療について記載していきたいと思いますので是非参考にしてください。
一番手軽に行える治療方法として、ほくろクリームを塗るというものがあります。ほくろクリームは美容整形外科での治療とはことなるものです。クリームさえあれば家庭で行えます。除去したいほくろにほくろクリームを少し塗っておくと、2週間前後でほくろが取れるという効果があります。美容整形外科を受診しなくてもほくろを取ることができるのですが、ほくろクリーム自体があまり流通していないため、取り寄せるのが大変だという難点もあります。美容整形外科で行われる治療には電気メスを使うものがあります。電気メスとは高圧電流をメスに流すことでメス自体に熱を持たせ、皮膚の切開と止血が同時に出来るというものです。ほくろがそれほど大きくない場合、電気メスで1回治療を行えば除去することができます。電気メスで切った傷跡はあまり目立たないというのもメリットの一つです。しかし、電気メスによる治療は大きなほくろには向いていないといわれています。大きなほくろを除去した場合、その部分がえぐれたように見えてしまうことがあるからです。一般的に直径5ミリ前後のものを電気メスで取り除くことが多いです。電気メスの他にはレーザー治療もあります。レーザー治療は近年とてもポピュラーになってきた方法で、ほくろ以外にシミやニキビを取り除くこともできます。ほくろ除去では5ミリ以下の小さいほくろ除去に向いています。レーザー治療のメリットは、一度にたくさんのほくろを治療できるという点です。消したいほくろの数が多い場合はレーザー治療を選択したほうがよいといえるでしょう。レーザー治療のメリットとして、1回の施術時間が少ないという点も挙げられます。仕事が忙しくてまとまった時間が取れないという人でも、仕事が終わった後クリニックで治療をするなんていうことが可能です。レーザー治療に関しては術後のケアが必要という面では少し大変かもしれません。どのような治療が一番適切か医者としっかり相談して決めましょう。

美白成分は効くのか

鏡を見る人

美白効果に優れているハイドロキノンはほくろではあまり効果を発揮しないので、気を付けましょう。ちゃんとほくろの治療を行ないたい場合は、美容外科クリニックに通うことが一番ですよ。

ほくろを増やさないために

ウーマン

ほくろは歳を取ると共に増えていくので、日常生活からちゃんと予防をしないといけません。ほくろを増やさないためにも紫外線対策を行なうことです。また、既にあるほくろは除去治療をして対応すると良いですよ。

ほくろ除去にかかる費用

医者

ほくろを治療したいと考えた際に気になるのは料金のことですよね。最もポピュラーなレーザー治療では1万円~1万5千円が相場になっています。他にも保険適用についても確認していきましょう。

切開法と切除法

女性

ほくろの治療には、切開と切除で行なう方法があります。それぞれ治療の特色が異なっているので、詳しく確認してみると良いですよ。この治療はどちらも1回で終わるので、時間がない人にはおすすめです。